メッセージ

image

Padomaは、ココロとカラダを芯から元気にすることをサポートします。
明るく楽しい毎日のためには、まずカラダが元気になることが必要です。
体が元気になることで、心も元気になります。

アーユルヴェーダで、からだの芯からスッキリ元気に
インドで5000年以上前から継承される伝統医学をもとにしたアーユルヴェーダは、体の中の余計な物(体内毒素)を外に出し、ゆったりとリラックスをすることで、体をリセットすることができます。

シロダラーたとえば、アーユルヴェーダの施術のうち、額にオイルを流し続けるシローダラーは、赤ん坊のときに母親の腕に抱かれて眠るような安心感、なんとも言えない「心地良さ」で終わったあとには頭の中がすっきりとクリアになるのを感じます。

ココロと体の余計なものをデトックスして、元気にしてくれるのが
アーユルヴェーダです。

アーユルヴェーダについての説明はこちらのページもご覧ください。

アーユルヴェーダを通して自己を知ることの必要性

人間の体質は ヴァータ(風のエネルギー)、ピッタ(火のエネルギー)、カパ(水のエネルギー)の3つのドーシャに分けられ、療法も体質に応じて行われます。

これは宇宙や人間を形づくる5つの元素である、空・風・火・水・地のエネルギーの割合に基づいています。
どんな人の体質もこの3つのドーシャによって成り立っている、というのがアーユルヴェーダの基本の考えです。

ドーシャは食物や情報の摂取、生活環境などによって常に変化しています。なんらかの原因によってドーシャのバランスが乱れた時、人は不健康になったり、その人らしさを失ったりします。
日々の暮らしの中で偏ったドーシャのバランスを、本来の均衡状態に戻そうとすることがアーユルヴェーダ施術の目的です。

3つのドーシャ

こうした考え方に基づくアーユルヴェーダを通じて、ご自身をより知ることができます。

自分自身を知り、心を安定させ、他者を受け入れ、良い関係性を築いて行くことが、心とからだの健康、内面からの美しさに通じていきます。

アーユルヴェーダの奥深さ、真の良さは、そこにもあると考えています。

Padomaのメンタルケアメニュー 

school_ocard_ph1

事前カウンセリング・個別セッション・ヒーリングカフェ
ワンセルフカードセラピスト認定講座など、パドマでは、アーユルヴェーダの施術に加えて、充実した事前カウンセリングで、お客さまが、自分自身と向き合い、自分の中にあるもやもやした不安感や焦り、ココロの疲れを自分自身で解消していけるお手伝いもしています。

「こうしなさい」という指示的アドバイスではなく、占いのように「こうなりますよ」と言い切るのでもなく、あくまで、お客さまが自分自身の中から気づきを得ていただくための、いくつかのツールを用意しています。
アーユルヴェーダの初回ではご希望の方に、初回カウンセリングの一環として、「セルフセラピーカード」の簡易的セッションをさせていただきます。

さらに、深くセッションを体験したい方には、Padomaヒーリングカフェや個別セッションがおすすめです。
「セルフセラピーカード」「観音カード」「ワンセルフ・カード」などのツールを使いながら、楽しみながら自己発見、気づきをたくさん得ていただく内容になっています。

サロンに来た時よりもココロとカラダを芯から元気になって
お帰りいただけるよう、心をこめて施術・セッションさせていただきます。