アーユルヴェーダ・セミナー「冬の章」開催!!

アーユルヴェーダ医、浅貝先生による

恒例のアーユルヴェーダセミナー第3回目を開催いたしました。

今年は、これで最後となりましたね! 早いものです…

今回は「冬の章」

冬の過ごし方次第で、春先を快適に過ごすことができるのです。

朝晩の気温の温度差が無くなり、寒く感じるころから本格的な冬の到来となります。

 

いよいよヴァータ「風」の季節となります。

この季節にはヴァータが優勢になることから

乾燥、痛み、肩のコリ、腰痛や冷えが感じられます

それらを緩和するには…一番のアイテムとしてゴマオイルがおすすめです!!

ゴマオイルを温めてカラダをマッサージします。

そして、体をしっかりと温めることが必要です。

風邪の引き始め、喉の痛みがあるときは、早めの処置として

ぬるま湯に、ターメリックをティースプン:1/3  塩:1/2でうがいしましょう~

今回は豆スープの作り方をネパール出身のシェフからレクチャーしていただきました。

豆スープで体もぽかぽか

冬は消化力、体力も上がり、ついつい食べ過ぎてしまいます。

食べ過ぎて、運動もせずにごろごろしてると…体に未消化物が溜まります。

これが毒素(アーマ)となり、花粉症特有の、鼻水、くしゃみ、目やにやぜんそくなど

春先に雪解けのように溶けだして様々な症状が出てきます。

このようなことを回避するために、冬場は食べ過ぎず、体も適度に動かして

体を温めましょう~

 

アーユルヴェーダとは「生命の科学」

ハッピーライフ♪


第一、自分の幸せ
第二、家族の幸せ
第三、社会の幸せ
第四、生きとし生けるものの幸せ

幸福な人生、有意義な人生を…歩みましょう~

今回、ご参加くださいました皆様ありがとうございました(^^)♪

 

image