アーユルヴェーダハーブオイル作りとナスヤセラピー講座開催のおしらせ!

福岡発!!
アーユルヴェーダ研究所GOLA代表 工藤貴文氏をお招きして、
ナスヤセラピーとハーブオイル作りを学びます
ご自身と、ご家族のために…ハッピーアーユルヴェーダライフ♪


鼻炎や、花粉症でお悩みの方にぜひお勧めです!
この機会をお見逃しなく!!


☆プロフィール☆
工藤 貴文氏

1960年生。初渡印1984年。皮膚分析の研究所、アロマ講師などを経て

1995年からインド、スリランカのアーユルヴェーダの調査・研究を開始。

1998年にアーユルヴェーダの本場 南インド・ケララ州にアーユルヴェーダ研究所GOLAを設立。

現在に至る約20年で日本、欧米に約400人のセラピストを育成。

専門はアーユルヴェーダ&仏教医学、哲学カウンセリング。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ナスヤセラピーを学ぶ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
パンチャカルマ(中心処置)においてナスヤ(経鼻法)は脳や顔面周辺の器官を浄化させるセラピーで目の治療法ネトラタルパナの際にもプールヴァカルマ(前処置)として必ず施される重要なポジションに位置しています。

今回学ぶナスヤは、日本で普及されているただ点鼻するだけの方法と異なり、ADEM(急性散在性脳脊髄炎・脳内に菌やウィルスが侵入することによって生じる麻痺)や鬱病などの精神疾患の主因であるメンタルアーマを排泄させる施術をセルフケアと共に学びます。インドで最も古く権威のあるケララ州立アーユルヴェーダ大学で1998年不安神経症の臨床が行われ効果が立証されています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇
アーユルヴェーダのオイル作り
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇

アーユルヴェーダにおいて重要なことは、症状に応じてどの治療法を施すか?また、どの薬品やオイルを選び用いるか?
これで効果の優劣が決まります。
特に重要なのはオイルとハーブの鮮度。
抗酸化物質が多く含まれているアーユルヴェーダのオイルと言えども古いオイルは酸化(腐敗)が進み、老化や動脈硬化を引き起こす過酸化脂質に変質してしまいます。

今回は、婦人科系疾患などに使われる有名なオイル
「ダンワンタラム・タイラム」を実際に作り、
パンチャカルマのメカニズムや
アーユルヴェーダの本場ケララ州で治療の際に実際に処方されるオイルの種類と効能を学びます。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
治療で使用される薬品の紹介
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


アーユルヴェーダで使用される薬品は多種多様で煎じ液だけでも約600種類あると言われています。



ケララの治療の現場では膠原病やリウマチなどの自己免疫疾患や


精神に作用するものなど症状に応じた薬品やオイルを使用しています。


・鬱病などの精神疾患に使用されるハーブ製剤
・婦人系疾患(不妊症など)に使用されるハーバルギー
・癌治療で効果をあげているハーブと鉱物(ミネラル)
これらのハーブ製剤を紹介致します。




<講座日時>

5月18日(金曜日)13時~16時予定 (定員10名
5月19日(土曜日)16時~19時予定 (定員10名
持参いただくもの
◎筆記具
◎セルフ・ナスヤ希望の方は、フェイスタオル3枚、メイク道具(メイクが取れるため)

受講料 8000円 (参加者には復習用にダンワンタラム・タイラム100ml分のハーブを差し上げます。
☆受講者には Ayurveda Research Institute GOLA (KERALA INDIA)修了証を発行いたします。

ナスヤセラピーとオイル作り
両日共に同じ内容の講座となります。

※どちらかの日時を選択して、コメントいただくか
メッセージをお願いいたします。

※受講料は事前お振込みでお願い申し上げます。
参加希望のコメント、メッセージをおねがいいたします。

info@ayur-padoma.com

09031986370加藤まで


折り返し、お振込み先をお伝えいたします。
お振込みが確認できた時点で確定とさせていただきます。


※人数に限りがございますので
無断キャンセルは固くお断りさせていただきます。
下記の通りキャンセル料をいただきますので、
あらかじめご了承ください。

~1週間前:なし
6~2日前:50%
前日・当日:100%


第2弾予定のお知らせ
「次回は目の浄化法ネトラタルパナの正しい施術法と
耳の浄化法カルナプラナを予定しておりますが
今回の講座の履修が必須となります」

「ご自身、家族、友人で難治性の疾患に悩まれている方の健康相談を致します。
事前に問診表を送りますのでご記入の上、返信をお願いします。
尚、数十分ほどの短時間になりますがご理解よろしくお願いします