アーユルヴェーダとの出会い

出雲でのアーユルヴェーダ講座に参加させていただいた2日間…

のんびりとした列車の旅で1人で過ごす時間はとても貴重でした。


いろんな感情の整理や

昔のことを回想したり…

改めてアーユルヴェーダに出会えて良かった!

学んで良かった!っと確信できた出雲の旅でした。

さすが、ご縁が繋がる出雲大社


アーユルヴェーダに出会えたことは私の人生にとって大きな転機となりました。

それぐらいに大きな感銘を受けたのです。

私の人生どん底で、もう限界に来てたとき

キーワードのようにアーユルヴェーダの言葉や、情報が飛び込んで来たこと

そこをキャッチできたことがとてもラッキーでした。


アーユルヴェーダは、必要な時に、必要な人にやって来る‼️

その通りだと思います。

私は20年前に主人を病気で亡くしました。

主人を通しての、あるメッセージがあり、ずーっと謎解きをしております。

今も謎解きは継続中…

その謎解きにアーユルヴェーダの教えはとても必要なのです。

アーユルヴェーダは生命の知恵、寿命の科学とも言われ、宇宙から

ずっと、ずっ~~と在る摂理、教えなのです。



学べば学ぶほどに深い…

宇宙は無限…

私たちの身体も小宇宙なのですね。

日々気づきと学びの連続ですが

私が人生で体験したこと体感できたこと

その一つ一つが腑に落ちて行き、謎解きに

答えに近づいて来ております。

 

出雲でお世話になった「アーユルプラナ」オーナーセラピストの 原 ゆきみさん

アーユルヴェーダとのご縁と私の人生の大きな一歩に繋がるご縁をくださった工藤先生

お二人と過ごした時間の中で、素晴らしいお言葉をいただきました。

「随喜」初めて聞いた言葉でしたが

とても深く響きました。

私の中でまた一つ

大きな動きがありました。

アーユルヴェーダの学びはまだまだ続きます

まだまだ未熟ですが…

私が経験したこと、体感したこと、

必要とされる方、必要なだけをお伝えできたらと思っております

 

出雲~ありがとうございました