アーユルヴェーダとは

slider1-1200x514

世界には古い歴史をもつ医学として四大伝統医学があります。
中国医学、チベット医学、ユナニ医学、そしてアーユルヴェーダです。

インド5千年の歴史をもつアーユルヴェーダとは

アユス(生命)とヴェーダ(心理)の合成された言葉と言われています。

ヴェーダとは自分自身の内にある「生命の知恵」のことなのです。
アーユルヴェーダは、自分自身を深く知ること、向き合うことを教えてくれるのです。

最近では(世界保健機構)でも、伝統医学を重視するようになってきています。
伝統医学がもつプライマリ・ケア(病気の初期における治療のこと)病気を予防すること

20151011183014

 

自分自身が自分の体と心の状態に気づいてみることです。

われわれ宇宙に存在するすべての生物は、5大元素、(空、風、火、水、地)から成ると言われます。

体や心の動きの基礎には、ドーシャ(体の基礎となるエネルギー)と呼ばれる3つの生命エネルギー

「ヴァータ vata」 「ピッタ pitta」 「カパ kapha」があります。

3つのドーシャ

この3つのエネルギーは、季節、時間、環境により常に変化をしています。
これらのエネルギーのバランスが良ければ健康な体と心が維持されますが、ストレス等による様々な原因によりアンバランスになると、心身の不快な症状が出現してくるのです。

このような原因で、体の中に蓄積された病素、毒素(アーマ)を、アーユルヴェーダは

「浄化法(デトックス)」と言う方法で排泄させていきます。

ハーブオイルトリートメントと発汗法を組み合わせた施術を繰り返し受けることで、

体の中から美しく、健康になり、ポジティブな心で日々を過ごして行ける人生を・・・

パドマのアーユルヴェーダの特徴
 
  1. 事前カウンセリングが充実

    手作りオイルアーユルヴェーダの施術前には、事前カウンセリングを行い、体質チェックを受けていただきます。
    また、ご希望の方には、初回カウンセリングの一環としてセラピーカード等による簡易的セッションをさせていただきます。

     
  2. インドのアーユルヴェーダドクター処方のハーブオイルを使用

    アーユルヴェーダで一番重要なのがオイルです。
    パドマでは、アーユルヴェーダコースで使用するハーブオイルは、

    南インドケララのアーユルヴェーダドクター処方のハーブオイルと、厳選された純度の高い透明で無臭のゴマオイルとの最高品質のハーブオイルを使用します。

    手作りオイル

    パドマでは、ハーブの効能のほか、基材オイルそのものの効果を考え

    ゴマオイルやココナッツオイルを使用しています。

    ゴマオイルには、老化防止の抗酸化物質であるセサミノール等が含まれており、「若返りのオイル」と呼ばれています。

    皮膚に塗り込まれたゴマオイルは、その浸透性の高さから5分以内に深く浸透し、組織内の老廃物を遊離させ、発汗を行うことによって、それを体外へ排泄させることができます。

    皮膚の奥までしみ込んだゴマオイル、は体内に溜まったストレスの元を分解・中和し、それを汗として体外に排泄することで、健康を保ち、病気の予防などに有効です。
    ※但し、体質や体調、肌の状態によっては、ココナッツオイルを代用する場合もあります。
  3. 発汗にはハーブの香りで心地よいハーブスチームベット「葉MAM]を使用0000000000602

hamamu_junnban_cap_pic_5
  1. パドマでの発汗法=スウェダナ(発汗法)

パドマでは、発汗の際にはハーブスチームを使用いたします。

インドネシア産10種のオーガニックハーブをブレンドし、エッセンシャルで香り付けをしたハーブパックです。

代謝促進・殺菌・解毒・脱臭・温熱などの効能と、男女問わず喜ばれる薬草の香りが自慢です!深く心地良い香りが長時間持続します。

ハーブスチーム浴「葉MAM」は、10数種類のハーブブレンドを蒸しだし、ハーブスチームを寝たままの状態で全身に浴びることでハーブ成分を体内に取り込むスチームサウナです。

血行促進、毒素の排泄、ダイエットにも最適です。

サウナが苦しくて苦手な人も、スチームが発汗を促し、また、ハーブのさわやかな香りで、心身ともにリフレッシュできます。